サーチ(調べる)写真はクリックすると大きくなります↓サーチ(調べる)

2005年09月02日

犬の十戒

私はるなと出会う前に、この「犬の十戒」に出会いました。

今でも、涙が出ます。



これは作者不詳の詩で、これから犬を飼う人も、

すでに今飼っている人にも絶対に読んでほしい詩です。



(コチラのバナーをクリックすると、内容が見れます)
banner[1].jpg



う〜また涙腺の弱いるなまま・・・涙が止まらなくなりましたぁ。




私はこれをネットで見つけて、初めて読んだ時、

すっごく泣いてしまいました。

家で一人でいたからちょうど良かったけど。





とても後悔したから・・・





私は小学校の時から柴犬のゆきちゃんを飼っていました。

友達のようにいつも一緒にいた。

でも1つだけ、この十戒、守れなかった・・・

最後の10番目。





どうしてもゆきちゃんが死んでしまう事が怖くて、

いつも言ってた・・・「私がいないときに亡くなってね」って。

それは結婚して実家を出たらっていう意味だったんだけど。






ちょうど社会人になって、帰宅時間も遅かったり、

友達と遊んだり旅行に行ったりで、家にいる事が少なくなった。





ゆきちゃんは、私がスキー旅行中に亡くなった。

帰ってきたら、ゆきちゃんはいなかった。

以前から発症していた病気が原因で、

病院へ行く車の中で、息を引き取った。

お母さんに抱っこされて・・・





だから、私はゆきちゃんの死に目にあっていない。

その時は何も考えられなかったけど、

この十戒を読んで、すごく後悔した。

やっぱり嫌でも一緒にいたかったって・・・




今回は絶対に後悔しないように、

時々、この「犬の十戒」を読み返してます。








これって、いろいろな人が訳していて、

私は上のバナーの訳が好きです。

他には、例えば下記のバナーは“オルゴール音楽”付きで、

曲を聴きながら読むと、死ぬほど泣けます。


Ten_Commanents01.gif





それから、「虹の橋」っていう詩もあり、

これは、天国の少し手前に虹の橋というのがあって、

先に逝ってしまった犬がその橋で待っていてくれて、

飼い主が亡くなるとそこで再会できて一緒にその橋を渡って

天国に向かうという詩です。


rainbow01.gif



この詩をもとに本が数冊出版されています。

犬の写真と文章が合っていて、号泣間違いなしです。

私は持っていませんが、

本屋さんでの立ち読みも私には無理です。



あ〜初めてブログ書きながら泣きましたぁもうやだ〜(悲しい顔)

目が一重になりそう・・・

長くなりましたが、読んでくれてありがとうぴかぴか(新しい)


       end

ニックネーム るなまま at 13:43| Comment(26) | TrackBack(0) | るなまま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
нёllоd(≧▽≦)b・:*:・・゜・゚+。。o○☆彡・.。*・:,゚,。゜ 

私も読みました。
今回、Sherryを迎えるにあたって
色々読みました。
安易に生き物を飼ってはいけないし
それなりの覚悟も必要だしね。

ただここではっきり言えるのは
最後までたくさんの愛情で育てる自信があるということです。
みなさんもそうですよね??
Posted by SAYAKA at 2005年09月02日 14:02
「犬の十戒」・・・私もチャッピーを飼い始めた頃、健康や躾のことでネット検索していたときに
見つけて、心に深く響いたことがありました。
1つ1つが本当に切なくて悲しくなるくらいな
言葉達ですよね。
だけど、毎日忙しくて、ワンコに根気よく、寛大になれない日もあり・・・これを読むと自分が出来ているつもりでも、いかに出来ていないかを
思い知らされます。
本当に深いです。
叱ったとき、本当にワンコは悲しい顔をします。
体全体で「悲しい」と表現しますよね・・・
叱る原因は躾方の悪い自分にあるのに・・・
ワンコは正直過ぎるくらい素直だから
私の育て方は100%反映しているのにね。
るなままさん、10番目のことが以前できなかったのは、るなままさんを悲しませたくなかったゆきちゃん思いやりかもしれませんよ。
それだけゆきちゃんはるなままさんに感謝していると思います。そして、るなままさんのお母さんに抱かれながら逝ったなら、安らかですよ^^

「虹の橋」・・・・丁度2ヶ月前に病気の野良猫を拾って、入院させて、出来ることは何でもしましたが、助かりませんでした(>x<)
その時に酷く落ち込んたときに友人が教えてくれて少し、救われたのを覚えています。

今日はるなちゃんのお写真がなくて
残念^^;でも、素敵なお話しに出会えて
勉強になりました^^
「ありがとう」
*あっ、長くなってしまいました^^失礼^^;
Posted by チャッピーママ at 2005年09月02日 14:16
今日和枝姉さんとランチ行きました〜。
その時聞いたことあとでおメールします。

こんばんは栗ばばと「魔女の宅急便」を
ヒルズに見に行きま〜す♪
Posted by つうたです。 at 2005年09月02日 15:13
読みました。
涙が出ます・・犬の気持ちがすごくストレートに書かれていて少し反省しました。
自分の都合で寂しい思いをさせてしまったかなぁ〜なんて過去を思い出しながら・・
これからまだまだパクと同じ時間を過ごせるはず、お互いに満足な一生にしたいと思いました。
いずれ虹の橋のたもとで会うためにもね!
ありがとうございました♪
Posted by はりねずみ☆ at 2005年09月02日 16:13
どらちも読んで、死ぬほど泣きました (^^;)

私も以前かっていたニャンの
死に目に会えなかった。

仕事で遅くなって帰宅し
母の腕の中で息を引き取ったと聞いて
泣いても泣いても涙が枯れませんでした。

動物を飼うことで、考えたり
成長したり、たくさんのことを
学びますよね。

その感謝の気持ちを、いつも忘れずに
確実に人間よりも短い命を精一杯
愛してあげたいって思います。

そして、もし亡くなったら
「ちょっと先に逝くだけ。待っててね」
って思うようにしています。
Posted by いーちゃん。 at 2005年09月02日 16:21
犬の十戒、マリン飼い始めた時に読んだよ。

これと直接関係ないかもだけど、コウさんが
中学校のときから飼ってたジジが亡くなった時、
コウさんすごーーく落ち込んでてさ、犬飼ったことなくて、当時付き合い始めて間なしだった私は
「たかが犬が死んだだけで何もそこまで・・・」
って思ってたのね。

でもね、実際マリンやさんごを飼い始めて、
犬ってすごく賢くて忠実で愛らしくてね。
だからコウさんやコウファミリーが愛したジジも
なんかすごく会いたかったなぁ・・・って思うようになってさ。
コウお母さんと話をしてて、ちょうどジジの死に際の話になったら、お母さんちょっと思い出して
涙ぐんじゃったんだけど、それ見てたら横にいる
ワタシもなんかすんごい切ない気持ちになって
一緒にポロっと泣いちゃったんだ。
犬一匹でこんなにも気持ちって変化するんだなぁ・・って。

コウさん、今でも大切にジジの毛を置いててさ。
私もちゃんと保管してます。
コウファミリーはマリンやさんごに、なくなった
ジジの面影を見てるみたい。
私もコウファミリーのように最後までずっと一緒に2チワと寄り添っていたいなぁって思うの。

長くてごめんね!


Posted by タマさん at 2005年09月02日 17:19
こんばんわ

考えさせられる詩ですね。
ワンちゃんにとって幸せな生活を送らせたいですね!時々体調がすぐれず散歩を両親に頼んだり遊んで欲しくてよってくるのに相手にしてあげらなかったり・・・反省すること多いです。

〜コメントのRe〜
るなままさんにとってるなちゃんは天使ですよ(^^)
だって薬なくても生活できるようになったのですから。
私も薬がなくなる日を夢見て日々生活してます(^^)v
ちなみに私は一日に
アモキサン10r×3 パキシル30r
安定剤リーゼ5r×3 睡眠剤サイレース1r
服用してます。。。(汗)
Posted by 小次郎まま at 2005年09月02日 20:07
こんばんわ、
犬の十戒も虹の橋も、最愛のタケチヨが天国へいったとき、HPのお友達である、ゆうみんさんから教えてもらい、両方読みました。

涙が止まりませんでした、そして今でも虹の橋の中の一部である↓のフレーズは、何回読んでも、思い出しても泣けてきます・・・

『ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。』

涙が止まりません・・・
Posted by たけちゃんママ手(チョキ) at 2005年09月02日 20:15
下記やいろいろなどいるなまま
遅かっ涙腺や、広いネットとか、長くお母さんとか死んでしまう事が
ネットで涙腺とクリックとかを病気したみたい。


Posted by BlogPetのRUNA at 2005年09月02日 20:30
皆さん、とってもあたたかいコメントを
ありがとうございます(涙!)


◆SAYAKAさんへ◆

そうですね。ブログをやっているぐらいなので、皆さんたくさんの愛情で育てているのが、
良く分かりますよね。関心がなければ、ブログ
なんて、やらないと思うし。
今日、もうこの時間Sherryちゃんに逢ったのかな!?楽しみですね♪


◆チャッピーママさんへ◆

う〜、コメ読んで泣けましたぁ〜。
そうなんですよ、とても良く分かっているつもりでも、読み返してみるとイケナイナって反省
すべき所出てくるんですよね。
やっぱりお互いの感情が伴うから、うまく意思の疎通ができないと、ちょっと崩れちゃいます
よね〜。そう、私の躾が100%反映してる・・・心に響きますね・・・
ゆきちゃんの思いやり。そう思うようにします。そして今後同じ事を後悔しないようにしようと思います。
虹の橋、ペットの死を経験した人にはとても心に響くものですね。そっか、楽しく病気もなく
元気に走り回ってるのかって♪
次回はぜひコングで遊ぶるなの写真をUPしますね!あ、それからはっぴーだわんのメルマガで
かわいいチャッピーちゃんの写真を見ました。
フリフリのとってもかわいいお洋服着てましたね!すてきぃ♪



◆つうたさんへ◆

和枝姉さんって、あなた同じ歳でしょ!
楽しそうな話だね!ぜひメールちょうだい。
おぅ、六本木に繰り出すのね〜。
ホント、しょっちゅう行ってるよね〜。
おすすめ映画あったら教えて!



◆はりねずみ☆さんへ◆

そうですね。私は分かっていながらも、やっぱり日常の生活に慣れてしまい、改めて読む時は
いつも反省です・・・そんな振り返りも大事ですね。
そうそう、まだまだお互いの人生は長いですから、後悔のない人生を共に生きていきたいですね♪


◆いーちゃんへ◆

そうですか。大好きな猫ちゃんの死に目にあえなかったんですね!
本当に動物を通じて、学ぶ事って多いですね。
娘さんもワンちゃんや猫ちゃんに囲まれて、
とても思いやりのある子に育ってるのでは♪
動物の影響力ってホントすごい!感謝しなきゃ
ですね。


◆タマさんへ◆

そうですね。愛犬が亡くなるってすっごい事で
犬を飼ったことがない人にとっては、そこまでするかなってちょっと理解できないでしょうね。ジジちゃんの体毛を持っているんですかぁ。
私ゆきちゃんの毛持ってません!
あ〜とっておけば良かった。
そしたら、今でも宝物にしたなぁ〜。
コウファミリーは犬好きの、優しい家族なんですね。じゃぁこの間のようにマリンちゃんと
さんごちゃんをお預かりすることになったりすると、とっても嬉しいでしょうね。
タマさん、犬好きの優しいコウさん(&コウさんファミリー)に出会えて、犬の良さが分かって、そういう気持ちになれて良かったですね♪
動物が与える影響力ってとても大きくて、間違いなく、プラス効果ですよね。
順番でいくと、私達より先に虹の橋に行きます。そこで、ジジちゃんやお父さんお母さん、
コウさん、タマさん、そしてマリンちゃんに
さんごちゃん。皆揃って渡れたら嬉しいですね♪


◆小次郎ままさんへ◆

そうですね。体調がすぐれないとなかなか外に
出る気にもなれず、かまってあげることもでき
なく、ちょっと辛いですよね。
私もまだそういうときがあります。
でも、本当に今はとん服のみで、薬飲んでませんから、るなに感謝です♪


◆たけちゃんママさんへ◆

私は愛犬の死を受け入れるのに、とても時間が
かかりました。死に目にあえなかったせいか、
死んだ事を理解する・受け入れる事ができなくて。そしてるなを飼う事になるまで、本当に
時間がかかりました。
虹の橋を知っていれば、もっと前向きに考える事ができたなってちょっと悔しいです。
たけちゃんママさんが、好きなフレーズ、
私も鳥肌がたって涙が出ます。
イメージがわいて、あ、きっと待っててくれて
私を見つけてとっても喜びながら駆け寄って
くるんだろうなって。
本当にめぐり合えて良かった詩です♪
Posted by るなるな日記 at 2005年09月02日 21:03
私はシェルがウチに来た頃読みました。
涙が止まりませんでした。
今の生活でシェルが居なくなる事自体考えられないし
考えたくない事ですが、生涯、全力でシェルを幸せに
したいと思っています。
きっと、ゆきちゃんも虹の橋で、るなままさんを
待っていてくれてると思いますよ。
気持ちは通じていると思います。
Posted by シェルママ at 2005年09月02日 21:43
犬の十戒はちゃぴが家族になった頃
パパが仕事関係の人からコピーをもらって
きたので読みました。

虹の橋はチワワフォーラムで最初に読んだと
思います。
その頃ちゃぴの水頭症の疑い、痙攣があり
毎日のようにちゃぴを抱いて泣いてました。
虹の橋もその頃の悲しさと重なってしまい
読みながら涙が止まらなかったこと覚えています。
読むたび悲しくて涙が出てきますが最近はあまり見ないようにしてました。
虹の橋で再会出来るのを知ったから
ちゃぴの病気の悲しさも少し楽になった
のかもしれません。
Posted by りえ at 2005年09月02日 22:20
林檎と桜娘を迎えて、
今まで知らなかった事を、沢山知りました。
それは、単に犬の飼い方とかしつけ方とかだけじゃなくて、
もっと深い犬との繋がりでした。
私には二人の娘がいます。
その娘にも、この『犬の十戒』を読ませました。
娘たちがどこまで理解できたかは分かりませんし、
実際私達がどこまで犬の気持ちに
応えてあげているかも分かりませんが、
私達が持ってる愛情全てを林檎と桜娘に・・・と思っています。




Posted by 華子ママ at 2005年09月02日 22:45
おぃちママもよんだじょ〜初めてはいつだったか忘れたけど…その時真剣に読んだのに慣れてくると ふぅって大事なこととか忘れちゃったりするよね…(-ω-;)ィカンィカン…

またちゃんと読み直してみます(σω-)
ありがとぅぴかぴか(新しい)
Posted by おぃちマンマ at 2005年09月02日 23:04
出会いがあれば別れがある・・・
普段はあまり別れの事は考えないけど、
いつか来るその日の事を真剣に考え
その日まで添い遂げてあげる・・・
そんな飼い主になりたい!!って思う。
うちの実家には、柴犬の老犬(13歳)がいるんです。
一時もう駄目か?って思ったんだけど、
病気だったらしく、手術をして今は元気にしてます。
でも、もう何時何が起きてもおかしくない年齢だし
家族みんながそんな気持ちで毎日見守ってます。
最後、看取ってあげれるか分からないけど、
るなままさんのブログを読んで、看取ってあげたいって思いました。
ありがとう!!
Posted by maki at 2005年09月02日 23:15
「犬の十戒」と「虹の橋」の本持っています。
トリミングに行った時に飼い主さんに見せたり
差し上げたりしています。
命の大切さを実感する詩ですよね。
飼い主から見放された不幸な犬猫たちが毎日処分というかたちで
命を失っています。
飼い主さん全員に読んでいただきたい!
この詩を読めば、犬やネコを捨てようとは思わないはず!
もっと広まってほしい詩ですね。

Posted by のらのら at 2005年09月02日 23:25
私も見つけて、「犬の十戒」何度も読みました(v_v)
会社の犬を飼ってる人にコピーして渡したりしました。
自分ももう一度よく読み直します。
怒ってしまったりした時に反省します(>_<;)

すごくいいお話ですよね〜もっとたくさんの人に読んでもらいたいです。
動物の虐待のニュースがながれる度に思います。
「虹の橋」も読んだ事があります。
ティアとショコラとは、ずっと一緒に居られるんだと感じております。
るなままさん改めて読まして頂きありがとうございました!!
Posted by ティア・ショコラママ at 2005年09月02日 23:53
犬の十戒の本ミルキーママは持っています〜
泣きました、次々と涙がこぼれ落ち、止まりませんでした。いろいろ考えさせられました。
現実は、幸せなワンコだけじゃないということ、現に静岡でワンコに譲渡会が土日で開かれます。このワンコたちは、悪徳ブリーダーから救出されたワンコたちで、ひどい生活をさせられてたそうです。そんなワンコたちにも幸せな第2の人生をということなんです。
ワンコたちをHPで見ましたが、やせ細ってる子、皮膚病の子、視力が悪い子...ただただ呆然でした。
Posted by ミルキーママ at 2005年09月03日 00:18
◆シェルママさんへ◆

生涯全力で幸せにですか(涙)すごい強い力が感じられますね。私も同じ思いです。
虹の橋のたもとで、ゆきちゃんもるなも私達家族も皆一緒に虹の橋を渡れる事を信じます!


◆りえさんへ◆

虹の橋で逢えるからって思うと、少し気持ちが
軽くなりますね。
現実が心配だと、なかなか読むのがつらかったりしますね。
でもそういう時は無理に読むことないと思います。きっと読みたくなる、読める時期が来ると思うから。



◆華子ママさんへ◆

そうですね。私も犬の飼い方・躾の仕方を意識して、本買って勉強したりしてましたが、そう
ではなくて、犬の気持ち・習性・本能をまず
知ってあげなきゃいけないんだって、ブログを
通じて知りました。
そして全て犬の気持ちを理解しようって思ってもそう、うまくはいかないと思います。
でも、愛情があればそれはちゃんと林檎ちゃんと桜娘ちゃんに伝わります!
2人の娘さんにも読ませてあげたのは、とても
良いことだと思います。
きちんと理解してくれてますよ♪


◆おぃちマンマさんへ◆

私も同感です。泣きながら読んですっごく心に
響いたのに、それを頭の片隅に追いやってしまって、あとで再度読み返したら、またハッとして反省する・・・
どこかに貼っておこうかな?!


◆makiさんへ◆

すっごい、ちゃんとした考えがありますね。
実家に柴犬がいるんですね。
手術で快復したのは良かったですね。
家族みんなが同じ思いで、毎日見守っている
事はとても良いですね。
そしてその子にも、それがちゃんと通じて
ます。何とか最期を看取ってあげて下さいね!
こちらこそ、あたたかいコメントをありがとう
ございました!


◆のらのらさんへ◆

そうですね。少しでも多くの人に存在を知って
ほしいし、時々見返してほしいですね。
私はあの10番目に書いてある、そのまんまで、
「見ているのが辛いから」だから、私のいない
時に天国にいってほしいって思ってました。
でもゆきちゃんの気持ちを第一に考えて
あげれば、そんな考えはいけないって気付いた
はず。悔やんでなりません。


◆ティア・ショコラママさんへ◆

すごい!ちゃんと広めてますね。
以前ネットで検索した時に、動物病院のサイトで紹介しているのを数件みつけました。
私達はこうしてネットを通じて、いろいろな
情報を得たり交換したりしていますが、
そういう状況にない飼い主さんも沢山いるで
しょうから、動物病院で紹介しているのは
良い事だと思いました。
虹の橋もとても良いですね。
私も読んだ時に、みんなそこで逢えて
一緒に橋を渡れるのねってとても温かい気持ち
になりました。


◆ミルキーママさんへ◆

本持っているんですか。本もとても良いよう
ですね。そんなひどい現実があるんですね!
譲渡会ですかぁ?!?!
悪徳業者・・・命あるものを利用しないで
ほしいです!!!






Posted by るなるな日記 at 2005年09月03日 00:25
私は今日はじめて読みました。
本当に涙が止まらなくって。。
自分の都合でワンを怒ってしまったり。。
そんな時きっとワンはこんな風に思っていたんだなぁ〜って、
胸が痛くなりました。
いつかは来るお別れの時を思うと
とってもブルーになってしまうけれど
きっとまた虹の橋で会えるんだって。。。
それまでいつもいっしょに居てあげたいと
居て欲しいと、とっても思いました。

るなママさん教えてくれてありがとうございました。ワン友達にも教えてあげようと思っています。


Posted by nanacoomama at 2005年09月03日 00:30

U。・ェ・。Uノ~コンバンワン♪

犬の十戒ってペットショップ等いろんなところに貼られていてそれで私も知りました。
普段のワンコに対する接し方とか読むたびに反省する点もあります。

虹の橋は、以前ネット上で読みました。
泣きますよね!

家の部屋にも犬の十戒プリントアウトして貼ろうかナァ。。。

私、われを忘れてしまうと軽く手が出てしまうんです。
叩かれて育った子は自分の子にも手を上げるっていいますが本当ですね。。。
手をあげるときは無意識ですもの。
自分の為にも犬の十戒は度々見直さなきゃなって思います。。

Posted by ビーンズママ at 2005年09月03日 01:39
今回、初めて読みました。
わかっていながらも号泣…号泣…。
胸が痛くて、しばらく色々なことを考えて
気が付いたらTonyをギュー!!!!って
抱きしめていました…。
るなままさん、教えていただいて
ありがとうございます。
Posted by Tonyママ at 2005年09月03日 11:27
両方初めて読みました!!
読みながらウルウル(;;)
考えさせられることがありますね。

コピーしてとっとこうと思います(*^^*)




Posted by ★マムマム★ at 2005年09月03日 12:50
私も、小雪を始めて我が家に迎えるとき
二つ読みましたよ。
読んでいて本当に私が動物を迎えていいの
だろうか悩みましたよ。
我が家に親と離され連れてこられた子達を幸せにしてあげられるんだろうか・・・って。

時々、この二つの読み物は時々、読み直す
ことはやっぱ必要だなって思います。
Posted by あずき at 2005年09月03日 15:42
こんにちは。
昨日は来訪&コメントありがとうございました。
これからもヨロシクお願いしまっす。

私も二つとも以前に読みました。
マジで泣きました。

ムスコを産んでからは、
子供ネタでウルウルするようになり、
ココニャンを迎えてからは、
子供ネタに加えて、
わんちゃんネタでウルウルするようになりました。

ムスコと同じくらいココニャンも大切な家族です。
(え!? ダーリンは?…ってか?www)
Posted by モンチョプ at 2005年09月03日 17:18
◆nanacoomamaさんへ◆

初めてでしたか。それはかなり衝撃的だったのでは?!お互いに感情を持っているので、
気持ちがうまく通じなかったりしますよね。
思わず怒ってしまうことってあります。
犬の十戒を知っている私でも、そうしてしまい
反省します。
これからも時々見返すことが大切ですよね。
そして一人でも多くの飼い主さんに、この詩を
知ってもらいたいです。


◆ビーンズママさんへ◆

ペットショップ等で貼られているの、見たこと
ありませんでした。ただ以前ネットで検索した
ら、動物病院のサイトで犬の十戒を紹介しているところが数件ありました。
とても良いことだなって思ってたんです。
私も、読むたびに反省して、またその反省をしてます(汗)
私は手をあげそうになりますが、あまりにも小さいるなを見ると思いとどまります。
でも、出した手は本当に無意識ですよね。
私もちゃんと読み返します!


◆Tonyママさんへ◆

そうでしたか。Tonyちゃんまだ小さいから、
今この2つの詩にめぐり合えて
良かったですね♪
Tonyちゃんにいっぱい愛情注いであげて
下さいね♪


◆マムマムさんへ◆

そう言って頂けると、ブログを通じて
紹介してよかったなって思います。
ぜひコピーをたまに見返して下さいね♪


◆あずきさんへ◆

私ははじめて読んだ時、衝撃的でした。
胸にずっしりと重みを感じた記憶があります。
犬を飼う事はとても安易なことではないって
いうことが分かった上で、るなを迎え入れた
ので、良かったって思ってます。


◆モンチョプさんへ◆

こちらこそ遊びに来てくれてありがとう
ございました。宜しくお願いします♪
2つとも、本当に泣けますね。
みんな大切な家族ですね。
もちろんダーリンもね〜★
また遊びに行きますね!

Posted by るなるな日記 at 2005年09月04日 00:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/57406

この記事へのトラックバック